高齢者・地域の生活イノベーション 有機テクノロジーで快適・健康な生活、日本型スマート社会を実現!

Making
Lifestyle
Changes

PLAY VIDEO

About

Concept

人が変わる、社会が変わる、
ビジネスが変わる。

人口減少や少子高齢化、産業活力の低下など、日本における社会課題の多くは、地域において早期に顕在化しつつあります。その解決のためには、地域に魅力ある産業や新たな生活スタイルを興し、地域でも都市部以上に快適・健康で安全な暮らしを実現する必要があります。山形大学COI(フロンティア有機システムイノベーション拠点)では、新たな産業の種となる有機材料・デバイス技術及びそのシステム化技術をベースに、近い未来社会で求められる、快適・安心・繋がり・健康長寿などに貢献する技術を開発し、企業との連携による革新的な製品やサービスの創出、ベンチャー創出を行い、地域を核とした成功モデルを作ります。また、高齢者でも離れていても快適、健康、安全で心豊かに住まうことができる、暮らしたい/暮らせる生活を提供し、若者と高齢者が共存発展し、企業が再び元気になり人が活気あふれて生活できる、日本型スマート社会を実現します。

Future Image

高齢者・地域のイノベーション

New Normal

With コロナ、Afterコロナの
新しい生活様式

山形大学COI STREAM「フロンティア有機システムイノベーション拠点」では、有機テクノロジーをベースにした未来モノづくりによって、非接触でも質の高いコミュニケーションを実現し、健康で感性豊かなNew Normalの生活様式構築に貢献します。

Image Video

Community

地域連携

過疎・孤立・少子高齢・産業活力低下といった山形の地域課題を解決するため、企業や自治体などと連携して、「暮らしのQOL向上」、「高齢者・介護者・子供の健康」、「地域・産業の活性化」を目指した活動を幅広く展開しています。

Research

Living

小野川のまちづくり

健康で豊かな地域づくりとして山形県米沢市にある温泉の一つ“小野川温泉”において「小野川のまちづくり」に取組んでいます。お湯の良さの分析や温泉入浴と睡眠の関係についての共同実験など最新技術を提供し、貢献していきます。

Foods

金山町|落花生産地化プロジェクト

山形県金山町の農業者と行政、県内食品メーカー、山形大学東北創生研究所が共同で、落花生の産地化プロジェクトを進めています。落花生の風味を最大限に活かした常温乾燥加工・ジェラート化、道の駅米沢やレストラン等での販売・ブランド化などに貢献しています。 Facebookページはこちら

山形が元気になってきた

Living

有機EL照明(やまぎん県民ホール)

有機EL照明は演色性が高く、色の見え方が自然光で照らした場合と近いので、もの本来の色が再現されます。その特長を活かし、山形県内の美術館や図書館、食品の展示、公共施設の化粧台などで活用されています。

Health

男女共同参画・健康長寿市民会議

山形大学男女共同参画推進室や地域と連携し、市民のニーズに即した先端技術で健康に関する活動や意識改革に貢献しています。地域とともに「明るく、元気に、すこやかに暮らすことができる健康長寿のまちづくり」を目指します。

Health

椅子センサ

山形大学工学部と米沢市は連携して「健康長寿日本一のまちづくり」の取り組みを推進しています。その一環として、座るだけで健康チェックができるシート型バイタルセンサが体験できるコーナーを市役所ロビーに設置しています。

Foods

ジェラート販売

山形大学COIの快食健康部門にて研究を進めている常温除湿乾燥技術を基に、大学発ベンチャー企業ベジアでは、ジェラートの製造と販売を行っており、「道の駅米沢」、「ジュンヴィーノ」、および「吉亭」等にて好評販売中です。

Living

発電する窓

発電と採光を両立させた有機薄膜太陽電池を開発しました。透明であることを生かし、窓に取り付けて“発電する窓”として用いることができます。県内企業と共同開発し、スマート未来ハウスにも設置されました。

and more...

Products

研究成果(社会実装例)

自然光に近いやわらかい有機EL光を活かした医療や睡眠などの暮らしに役立つ応用製品、しなやかな有機生体センサによる非接触・リモートの介護・見守り製品、それらを総合した快眠システム、農業の高付加価値化と健康に寄与する常温乾燥など、様々な社会実装を進めています。

Living

メディカライト

有機ELを用いたメディカライトを開発しました。高い演色性(自然光と同様の色の見え方)と均一な面発光を特長とするライトが、患者さんの肌、患部、血管を見やすく照らします。

Living

ベビーライト

“赤ちゃんにやさしいあかり”ベビーライト“MOON BEAR” を開発しました。有機EL照明はブルーライトやまぶしさによる刺激が少なく、産婦人科の医師からも推奨されています。

Living

八角神社 八角灯&参道灯

福島県会津若松市、山形県米沢市、山形大学が連携し、八角神社(福島県会津若松市)の参道及び境内に有機EL照明が設置されました。癒しの空間作りと地域の防犯に活用されています。

Living

コミュニケーションウィンドウ

入院患者の生活を少しでも快適にすべく、有機EL照明・有機EL環境映像表示・家族が撮影した写真をダイレクトに受信できるサーバーを組み合わせたシステムを開発しました。

Health

シート型ベッドセンサ

マットの下に敷くだけで睡眠時の心拍、呼吸、体動、眠りの深さなどが非接触で測定できる、厚さ0.5mmの薄型センサです。介護施設への導入等応用展開を推進しています。

Health

リストバンド型センサ

離床時の日常的な見守り用に、リストバンド型の脈拍・体温センサを開発しています。薄く・軽く・ソフトなセンサで、消費電力が小さいため、電池で長時間のリモート見守りが可能です。

Health

睡眠マネジメントの社会実証システム

スマート未来ハウスの寝室では有機EL照明を用い、入眠や覚醒に適した照明条件の実証実験を行います。ベッドセンサで睡眠状態を計測し照明制御による快適睡眠システムの実現を目指します。

Health

Active Sleep Bed

内蔵センサで睡眠状態をモニタリング解析すると共に、入眠・熟睡・起床時に合わせて背角度が自動で変化、快適な睡眠を支援します。スマートフォンでのベッド操作やマットレスの硬さ調整もできます。

Foods

食品の常温除湿乾燥技術

常温除湿乾燥法は、先端の流体力学を応用した新技術により、これまで主流の温風乾燥や凍結乾燥ではできない生の状態からの色や風味、栄養価を維持したまま食材から水分を除去できます。

Research 1

暮らしと食

Living & Foods

活き活きとした快適・安心・魅力ある暮らしを実現するため、地域における産業活性化目指し、有機エレクトロニクスや乾燥技術等をベースに、地域産業の高付加価値化や、新事業の創出、ベンチャー創出をおこなっています。

Living

快適空間

塗布プロセスによる高効率有機EL、透明フレキシブル有機ELパネル等の革新技術及び快適な生活を実現する光源や照明システムなどの開発・実証を進めています。

Living

壁紙ディスプレイ

壁に貼れる超薄型・軽量のフレキシブルディスプレイを実現するための技術を開発します。

Living

快眠ICT

快眠に関するセンサ計測データを収集し解析するICT基盤システムを開発します。また環境計測データと個人ビッグデータの複合解析から快眠を支援するシステムの実現を目指します。

Living

快適創エネ

採光性のある透明な有機太陽電池や、超軽量フレキシブル太陽電池を開発し新たな応用を開拓します。

Foods

快食健康

有機EL植物栽培や常温除湿乾燥技術など「食」に貢献する新たな技術を構築します。

and more...

Research 2

健康

Health

どこでも、だれでも快適・健康で安全に暮らせる社会を実現するために、人にやさしい電子デバイスを形にする新しい未来のものづくり技術に取組んでいます。

Health

有機生体センサ

唾液や汗に含まれる生理活性物質を高感度で検出できるストレスセンサ等を開発します。

Health

有機センシングシステム

有機FET型センサと無線通信回路を極薄フィルム上に印刷プロセスを使って一体形成することで、体に貼って使える新しい生体センサの実現を目指します。

Health

スマートデバイスプリンタ

自己組織的にインクを微細な配線形状に形成する技術や、大面積・高精度インクジェット技術 を開発し、ロールtoロール印刷に適合する革新的な電子デバイス製造技術を構築します。

Health

マイクロ・ナノ加工

ナノインプリント等の微細な成形加工技術を用いたデバイス形成技術を開発します。

Health

【産総研サテライト】ストレスセンサ

運動や緊張によるストレスに応じて変化する唾液中の硝酸イオンを日常的に計測できるセンサを開発します。

and more...

SDGs

持続可能な世界の実現に向けて

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)持続可能な世界の実現に向けた17のゴールです。山形大学COI研究拠点(フロンティア有機システムイノベーション拠点)は、「3.すべての人に健康と福祉を」、「5.ジェンダー平等を実現しよう」、「7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに」、「9.産業と技術革新の基盤を作ろう」、「11.住み続けられるまちづくり」、「12.つくる責任使う責任」の6つの実現に向けてSDGs事業に参画しております。
人と自然との調和のもとで県民誰もが真の豊かさと幸せを実感できる山形県づくりを目指し、「山形県、山形新聞社、山形大学」は共同宣言を発表しています。

SDGs

Contact

中核機関

山形大学

参画機関

大日本印刷㈱、コニカミノルタ㈱、日本ゼオン㈱、㈱カネカ、JSR㈱、三菱重工業㈱、Lumiotec㈱、
伊藤電子工業㈱、㈱KEN OKUYAMA DESIGN、東レエンジニアリング㈱、富士紡ホールディングス㈱、
エヌ・デーソフトウェア㈱、NECネッツエスアイ㈱、パラマウントベッド㈱、オーガニックライティング㈱、
㈱チカク、㈱保志、三起商行㈱、㈲木村屋、㈱サウンドファン、睡眠総合ケアクリニック代々木、
東日本電信電話(株) 、東北芸術工科大学、仙台高等専門学校、産業技術総合研究所

フロンティア有機システムイノベーション拠点(山形大学COI)

山形大学COI 研究推進機構 〒992-8510 山形県米沢市城南4-3-16
TEL: 0238-26-3585 FAX: 0238-26-3240 E-Mail: coi@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

Page Top